守谷久保ヶ丘校

守谷久保ヶ丘校 志望校の決め方

こんにちは。

いつも当ブログを読んで頂き誠にありがとうございます!(^^)!

守谷久保ヶ丘校室長の赤根です。

このところ定期的に更新ができていなこと反省します。

みなさん!! 今週の変化に気が付いていますか?

11月6日(学力診断テストの日)より久保ヶ丘校へ「合格の守りタコ」のオクトパスが登場です。

このオクトパスは、総勢483名の受験生の合格を見届けてきました。(合格校数は1100校を超えます)

今年度も受験生のみなさんを見守ります!!

今回は、志望校の決め方です。

1;当然ですが志望校決定は早い方がいいですね。

  そのほうが心も落ち着くし試験対策のための十分な時間がとれると考えられます。少しくらい得点や合格判定・偏差値が届いていなくても、これからの頑張りで手が届く可能性は大いにあります。

2;今を基準に考えてはいけない。

 最終決定は、その学校のレベル、倍率、自身の学力、日程を加味して総合的に判断することになります。

大切なのは、自身の学力です。学力は変化します。これは良い方に変化することもありますが、残念ながらその逆もあります。努力さえすれば絶対的な学力は間違いなく上がるわけですが、周りの人がそれ以上の努力をすれば相対的な学力は下がります。

 学力は変化しますので、今の学力を基準として、考え始めるのはよくありません。「伸ばすんだ」「必ず伸びるはずだ」と強い気持ちを持って下さい。

3;大切にしたいことを考える

 一番大切なことが叶えられる学校。それが志望校です。2番・3番は叶えられそうだけれど、一番は叶いそうにもない。それでいいのですか? 一番大切なことに従いましょう。

4;相談し自分で決める

 受験生は、家族や先生方の意見はよく聞きましょう。他人には相談するのであって、判断は自分で下すものなのです。相談と判断、ここを間違えないでください。迷うべき時に迷い、その迷いの先に受験生にとっての正解があります。

守谷久保ヶ丘校 期末テストに向けて

こんにちは。

いつも当ブログを読んで頂き誠にありがとうございます!(^^)!

守谷久保ヶ丘校室長の赤根です。

久々のブログ更新です。

中間テストの結果が返却されています。

集計中ですが、今現在で、今回の中間テストの中学校の全体平均は中1の5科で平均285点、中3生の5科で平均352.8点でした。

1学期の期末テストと比べる時は単純に点数だけを見るのではなく、必ず「平均点と自分の得点の差」で考えてください。

さて、自分の得点と平均点を比べて「下回っている」あるいは「平均点くらい」というのは、学習不足と言わざるを得ません。

テストの前だけがんばっても、無意味です。いわゆる「一夜漬け」は学習しないよりはましですが、その状態で身に付けた知識は寝て起きたら、なくなってしまいます。

 

学習はその知識を何度も何度も積み重ねて演習することで自分の中にその事柄が理解され、知識として定着していくものです。

それを普段からしている子たちはテストで良い結果を得られますし、していない子は思った結果にならないのです。

中間テストの結果に満足がいかなかった人は普段の学習不足が原因なのですから、今からすぐに学習に取りかかるべきです。

ITTO問題集を使って、まずは漢字や単語を覚え、理社の教科書を読んで今学んでいることがどういうことなのかを理解し、そのうえで5科目のワークに取り組むという第1段階の内容を日々行うことが大切です。

また、少し点数が上がったくらいで満足してはいけません。上には上がいるのです。

400点を超える生徒は皆、テスト前の準備がしっかりしている子たちです。早め早めに準備ができています。

特に450点を超えている子たちはプリントを解くスピードも、そのプリントの○の多さも目を見張るものがあります。

しかも、基礎はもう十分ではないか、という子たちこそ「基礎」のプリントを何度も解き直したがるものです。

見習って、真似をして、追いついて、追い抜くと心に決め、実行しましょう。

守谷久保ヶ丘校 お迎え時のお願い

授業終了時間のお子様のお迎え待ち時間についてお願いです。

校舎裏は、住宅地となっており、乳幼児からお年寄りの方まで生活されております。授業終了時間帯によっては、家族団らんの時間、就寝準備の時間など様々でございます。

お子様のお迎えにつきましては、授業終了時間過ぎに到着して頂けるよう調整をお願い致します。

授業が予定時間より前に終わることはございません。

また、早めに到着してお待ち頂く場合は、アイドリングストップにご協力頂きますようお願い致します。

守谷久保ヶ丘校 9月 休講連絡

9月16日(祝・月)

通常通りの授業となります。

自習室は、15時から21時50分まで開放いたします。

つくば国際会議場で「進学フェア」開催です。

9月23日(祝・月)

9月30日(月)第5週目と振替えて 通常授業は休講となります。

中3受験対策講座R2コース 12時から16時50分まで授業があります。

自習室は、13時より20時まで開放いたします。テキスト

9月30日(月)通常授業となります。(23日と振替えいるため)

 

守谷久保ヶ丘校 大学入試改革

こんにちは。

いつも当ブログを読んで頂き誠にありがとうございます!(^^)!

守谷久保ヶ丘校室長の赤根です。

これから改革される大学入試の「大枠」をとらえてみましょう。

大学センター試験(2020年1月まで)

   

大学入学共通テストの導入(2021年1月から)

求められる「学力の3要素」

・基礎的な知識・技術

・思考力、判断力、表現力

・主体的に協働してして学ぶ態度

入試区分の変更

・一般入試→一般選抜 筆記試験に加えて調査書なども評価

・AO入試→総合型選抜 受験生自身が記載する「活動報告書」など活用

・推薦入試→学校推薦型選抜 学習歴や活動歴を踏まえた「学力3要素」の評価を推薦書に記載

国語・数学で記述式

国語の記述

・現代文

・マークシート方式とは別の出題

・80から120字の記述をふくむ3問

・試験時間は100分(現行は80分)

数学の記述

・数学①(数学Ⅰ、数学Ⅰ・数学A)

・マークシート方式に盛り込む形の出題

・試験時間は70分(現行は60分)

英語で4技能を評価

・読む力、聞く力、話す力、書く力をみる

・リスニング100点、リーディング100点(現行は筆記200点、リスニング50点)

英語で民間資格・検定試験を活用

・話す力、書く力を評価するために英検やGTEC等の結果も評価対象に

  ※TOEICは取りやめることを発表

現在の高校2年生 「英検2020 1day S-CBT」第1回(2020年4月~7月実施分)の予約申込みは9月中に行われます。

受けることを念頭に置いている現在の高校2年生は注意が必要です。

守谷久保ヶ丘校 新学期スタート!!

こんにちは。

いつも当ブログを読んで頂き誠にありがとうございます!(^^)!

守谷久保ヶ丘校室長の赤根です。

「夏期講習であれだけ勉強したのだから、テストでは良い結果が出るはずだ」と思っている人が、生徒にも保護者の方にも時々いるのですが、普通はそんなに簡単には成果に現れません。これから秋の過ごし方で、夏の成果がでてきます。 そのこと忘れないでください。

体調には気をつけながら9月から頑張りましょう。

中学3年生はこの2学期で内申点が確定し、進路を決めていきます。言うまでもなく大切な期間です。

勉強だけでなく、学校での一つ一つの行事が中学最後になります。

悔いの無いよう何事にも全力で取り組んでほしいです。

中学1、2年生はいい意味でも悪い意味でも学校生活に慣れてきてダレやすい時期ですが、反して勉強はどんどん難しくなっていきます。

周りに流されずに、今やるべきことは何なのかを意識して過ごしてください。

高校生は受験校や進路の方向性は決まったでしょうか。

高校ではみんなと同じように過ごしていればいいのではありません

3年生以外は今すぐに明確に決める必要はありませんが、かといって何も考えずに過ごしていてはいけません。

積極的に自分から情報収集してほしいです。

イベント盛りだくさんの秋

実力テスト、中間テストに期末テスト、茨城統一テスト

体育祭、桔梗祭・創夢祭・西翔祭

クラブ写真や卒業アルバム用の写真撮影

高校のオープンキャンパスや文化祭に入試説明会

夏休みが終わって、来週からもイベントが盛りだくさん。「勉強の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」すべてを堪能するように行事が続きます。

そして秋が深まり進路面談、期末テスト、冬休みがやって来ます。

「明日からガンバル」は本当ですか?

夏期講習が終わったし、朝はランニング!と思っていても言い訳をして、なかなか走りに出ない自分がいます。人間の意思って、かなり弱く作られているようです。

もちろん決めた通りちゃんと行動している素晴らしい方もいらっしゃいま。でも普通の人間である私たちにとって「基本的に自分の意思だけに頼るべきではない」と考えていいでしょう。

頼りになるのは自分の意思の力ではなく…

では、そんな普通の人、受験生たちが、コツコツ勉強するには、どうしたらいいのでしょう?

すべきことは、たった一つ。決めることです。

「いつ」「どこで」「何を」やるのか?

これを決めてしまいましょう。

例えば、「朝起きて学校に行く前に」「リビングで」「計算問題を10問」などのように具体的に決めます。

ただ決めても一人だと続かないんですよね。それを避けるために家族や友達と一緒に勉強するなど、「他人の目」があると割と続けやすいですよ。

ただ、「友達と一緒に」は、遊んでしまわない場所で勉強してくださいね。お互いにマイナスになる行動をしてしまうリスクがありますので。

コツコツ勉強するための方法

久保ヶ丘校では、中学3年生には「学校から帰ったら、できるだけ早く教室に来る」と繰り返し伝えています。

必ずしも強制ではありせんが、何か事情がない限りぼ全員が毎日教室で受験勉強をするようになります。

一つ上の学年の生徒たちが勉強する姿を目にしているから、「中3は毎日、塾で勉強」が普通だと思っているみたいですね。

もし、塾に通っていて自習スペースがあれば「毎日5時から自習します!」と宣言してみてはいかがでしょう?「もし来なかったら、声かけてくれませんか」とリクエストしてもいいですね。


2学期は特に行事があって忙しくソワソワしてしまいがち。

ぜひ意志に頼って負けてしまうより、ルールを作って人や場所に力を借りて自分をコントロールしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

守谷久保ヶ丘校 お盆休みは重要週間!

こんにちは。

いつも当ブログを読んで頂き誠にありがとうございます!(^^)!

守谷久保ヶ丘校室長の赤根です。

保護者の方にとっては待望のお盆休み。今週末くらいからという方が多いでしょうか?

久保ヶ丘校は、3日間ですが、1週間ほどまとまったお休みという生徒が多いかと思います。練習の厳しいクラブ活動でも何日かはお休みするのがほとんどではないでしょうか。

中学3年生、高校3年生。受験生とはいえ、しっかりとリフレッシュしてくださいね。短い期間ですが・・・

お盆休みが開けると

お盆休み明け(久保ヶ丘校は16日から再始動します)、長かった(?)夏休みも残すところ10日間となります。

2学期に入って9月前半までに受験生にとっては来てほしくない、でも最重要イベントが控えています。

学校での実力テストだったり、塾の模試ですね。その秋の試験結果が受験校を決める重要な資料になります。

実力テストの準備はできない?

「夏期講習で頑張ったから、塾の模試も大丈夫!」

「テスト直前。範囲は広いけれど、しっかりテスト勉強したほうが!」

受験生の中で前者が多数派のようですが、あなたはどちらでしょうか?

「実力テストや模試は範囲の指定がないか、あっても習ったところ全て」「そんなの対策の立てようがない」という声を聞きます。それを解決するために秋のテストに向けて夏期講習を上手く使ってみましょう!

「範囲のないテスト」のテスト対策って?

普段の授業でもそうなのですが、夏期講習を受けてみて「説明してもらったら分かった!」「なるほど!そういうこと!!」という問題があったと思います。

その瞬間って嬉しいですよね。出来るようになった気持ちになります。でも時間とともに「分かった!」こと、つまり理解したことや記憶したことを忘れてしまいます。

だからこそ、忘れないようにすることが大切です。その忘れないようにする勉強を、塾も学校もお休みで授業によるインプットのないお盆休みを充ててほしいと思います。だから、このお盆休みは受験生にとって本当に大切な1週間です。

「夏休みの宿題」を利用するといいですね。宿題を「する」だけではなく、分からなかったところや覚えていなかった問題を「できるようにする」といいですよ。

今週中にしておくことは?

お盆休み、1週間もの自由な時間。夏期講習を軸に学習ペースを決めていた人はペースを崩しがちです。

何となくお盆休みに入ってしまうと、休み明けに「あれ、この科目の勉強が足りなかったかなぁ…」っていう事態になりかねません。

できれば、今週中に学習計画を立てて、受験生にとって大切な期間を充実したものにしてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

守谷久保ヶ丘校 読書感想文の書き方

こんにちは。

いつも当ブログを読んで頂き誠にありがとうございます!(^^)!

守谷久保ヶ丘校室長の赤根です。

夏休みも一週間が過ぎましたので、後回しにしたくない読書感想文の書き方を紹介します。

なぜ、小中学生は読書感想文が書けないのか?

私自身も、中学生の時は読書感想文を書くのが得意ではありませんでした。当時はなぜ自分が書けないのかよくわかっていませんでした。読書感想文で毎回優秀賞を取っている人は、才能がある人だと思っていました。
しかし、自分が教える立場になってみると、読書感想文を書ける子と書けない子の違いというのは、才能があるかどうかではなく、正しい書き方を知っているかどうかだという事がわかったのです。

あなたも正しい手順で書いていけば、確実に読書感想文が得意になると思います。さらに、しっかり作りこんでいけば、入賞することも可能です。まずは、この記事にまとめた流れで、読書感想文を書いてみましょう。
今まで書けなかったのは、あなたの能力が無いというわけではないので、大丈夫です。

自分の体験談がいれやすい本を選ぼう

読書感想文は2つのパターンがあります。与えられている本を読んで書く「課題図書」と、自分で好きな本を選んで書く「自由図書」の2つです。

 課題図書の場合は、5から30冊ほど、先生から本のリストが配られます。それを元に、本を選んで書いていく流れになります。
 自由図書の場合は、自分の好きな本を選んで書いていく流れになります。どちらのパターンでも同じなのですが、読書感想文では、「自分の体験談を入れやすい本を選ぶこと」がポイントです。

なぜなら、自分の体験談を入れることができないと、完成させるのに非常に時間がかかるからです。
例えば、あなた自身がバスケットボールをしているとしたら、バスケに関する本を選べば自分の体験談を入れることができますよね。
 このように、自分の生活と関連がある内容が含まれている本や、自分の興味がある内容が含まれている本を選ぶと、スムーズに書いていくことができます。

印象に残った一言と心に残った場面を見つけよう

読書感想文をスムーズに書くコツは、「体験談を入れること」です。しかし、あくまでも読書感想文は、その本を読んで感想をまとめるものです。
全て自分の体験談でまとめてしまうと、ただの作文になってしまいます。
そこで、読書感想文では、本の内容や本の中に書いてあったフレーズなどを入れるようにしましょう。
これが、読書感想文で高得点を取るコツです。では、どんな内容やフレーズを入れればよいのか?おすすめは、次の2つです。

ポイント1 印象に残った一言

あるフレーズが心に刺さったら、その部分に線を引いたり、付箋を貼ったり、ノートにメモを取ったりしておきましょう。そして、読書感想文の書いていくときに、そのフレーズを入れるようにしましょう。

ポイント2 心に残った場面

「このページから、このページまでが印象に残った」という場面があれば、メモを取っておきましょう
後で読書感想文を書くときに、その場面を要約して文章に入れる形になるからです。メモを取っていない状態で、思い出しながら場面を書いてくのは大変です。
あらかじめメモを取っておいて、作文を書く前に見直しながら、書いていくと楽にまとめられます。
「印象に残った一言」「心に残った場面」の2つをメモしておくだけで、高得点が取れる読書感想文をスムーズに書くことができます。

最初に、印象に残った一言を書いてから書き出すがコツ

読書感想文を書くための準備ができたら、いよいよ執筆作業に入ります。では、どのように書いていくと、スムーズに進めることができるのでしょうか?
実は、読書感想文の書き方と言っても、いろいろな流れがあります
例えば、3部構成で書いていく方法、起承転結の4幕構成で書く方法などが有名です。ただ今回は、一番簡単に書けて、なおかつ高得点が狙いやすい読書感想文の書き方について解説します。

最初に、印象に残った一言を書きます(これがポイントです)

例えば「赤ずきん」を例に紹介します。

”いちばん”を語る

ぼくが「赤ずきん」で一番怖かったのは、オオカミが主人公の赤ずきんをだまして、いつ食べようかとねらっている場面です。

あらすじ

「赤ずきん」は、森の一軒家に住む病気のおばあさんのところへ、赤ずきんが一人でお見舞いに行く物語です。森のオオカミは、おばあさんの家で赤ずきんを待ちぶせします。

自分の話

ぼくは今度、初めて一人でおばあちゃん家に行きます。オオカミには会いたくないけれど、子ダヌキにならあいたいな。どんな出会いがあるか、ワクワクしています。

「この物語を読んで楽しかった」だけだと、薄い感想文になってしまいますが、自分の体験談を入れることで、「こういったことがあって、こういう風に感じたんだ」と深い感想を書くことができます

概要と体験談を混ぜて書いていく。これが、読書感想文で高得点を取るポイントです。

おすすめの終わり方は「この本から学んだこと」

最初は、印象に残ったフレーズを入れる。次に概要や体験談を書く。ここまで来たら、最後は仕上げです。

最後は、「この本から学んだこと」を書きましょう

守谷久保ヶ丘校 「この夏、どうしたら成績が伸ばせるか」

 こんにちは。

いつも当ブログを読んで頂き誠にありがとうございます!(^^)!

守谷久保ヶ丘校室長の赤根です。

言い古された言葉ですが

「夏を制する者、受験を制す」です。

7年くらい前の久保ヶ丘校の先輩Aくんが教室立ち寄り、夏期講習の掲示をみてこうつぶやきました。「先生、今思えば夏休みが勝敗の分かれ目だった。先生の言ったとおりに学習しておけば・・・。」と。

Aくんは、私の受験指導の中で忘れられない一人です。一学期までは、同じ中学校の友人と、5科目の得点でAくんが上でした。夏は自分のペースで行なってみたいと、受験対策講座のみの受講でした。それを許してしまったのがそもそも失敗です。秋から逆転現象が起こり最後まで再逆転はなく、大学受験を見据えて、進学する高校の変更まですることになりました。

その反省を活かして・・・

夏の勝者はそのまま受験の勝者

夏休みを中心とした学習では、一人ひとりの勉強量に大きな差がつきやすいので、たくさんやった人が勝ち、あまりやらなかった人が負けです。

セルフコントロール力が問われる夏休み

夏の学習量に差がつきやすいのは、学校が休みで授業がないからです。授業がない分だけ、自分の計画に基づいた学習をしっかり出来る人もいますが、授業がないので学習を怠けてしまう人もいます。だから勉強量に大きな差がつきます。

日課ではなく強化プランを立てる

日課とは・・・。何時に起きて、何時から何時は勉強して 模試はいつで、高校説明会はいつでと決める計画のこと。

強化プランとは・・・。どの教科を強くするか。どの分野を強くしたいのか。まずこれに対する明確な答えを夏休みが始まる前に用意すること。

ひかえめの計画を完全に実行する

強化プランで「英語」と決めたとします。これでは漠然としています。ですから具体化してみましょう。「語彙力(単語力)」なのか「文法力」なのか「長文読解力」なのか。そして方法としてどの参考書や問題集を使うか決めます。目一杯の計画を立てて、一部しか実行できないのと、控えめな計画を完全に実行するのとでは、どちらがタメになるか考えてみて下さい。

夏は、量にこだわった学習を行なう

夏休みの学習は、量にこだわってください。「何時間」と決めることではなく、「何ページ」「何問」を決めて下さい。何時間かかっても今日は何問解くまで勉強をやめない。量にこだわるというのは、むしろこのような考え方の事です。

質の高い勉強を大量にやれば、それが一番いいのではないでしょうか。(これが久保ヶ丘の夏期講習です)

自己ベスト更新をめざす

「こんなに勉強した夏は今までなかった」。後で振り返って、そう言える夏にしましょう。

目指すは自己ベスト更新!!

夏の勝者を目指して頑張りましょう。