那珂菅谷校

那珂菅谷校 夏期講習受付スタート!!

 

 

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

 

さて、那珂菅谷校でも夏期講習の受付をスタートいたしました!!!

講師の先生方と話し合い、生徒一人ひとりのことを考えながら、提案書を作りました。

もちろん、楽しい思い出を作ることも大切ですが、『今年の夏は、勉強もすごく頑張った!!』と自信を持って言えるような夏にしてもらいたいと思います。

先生達に、是非そのお手伝いをさせてください!

 

今月は、楽しくわかりやすい授業で人気のある関先生が、勉強との付き合い方について話してくれましたので、ぜひ夏までに自分に合った勉強法を見つけて夏期講習に備えましょう!

 

 

 

こんにちは!講師の関です。

そろそろ夏も近づいてきており、学校生活もさまざまなイベントを迎えることと思います。そして、部活動を終える時期も近づいてきました。受験勉強をしなければならない3年生は勿論のこと、1.2年生も部活動をやりながら勉強をしなければならない。皆さん勉強との付き合い方に悩まれていることと思います。

 

では、どんな風に勉強をしたら良いのか。朝やったら良い?何時間もやらないと駄目?と迷うこともあるのではないでしょうか。この結論から言えば、自分に合ったやり方を見つける事が1番良い勉強法です。

例えば、私は集中力が長続きしないタイプだ、と言う人。それなのに、何時間もぶっ通しで勉強しても最後まで集中できないですよね。そういう人はこまめに休憩を挟みながら勉強をすれば良いです。

部活動が忙しくて勉強時間をあまり確保できない、という人。学習するべきことに優先順位をつけて、重要度や必須度が高いものから学んでいく。

こんなふうに自分に合った勉強法を見つけていくことが大事だと思います。

 

受験までまだ何ヶ月もあります。ですが、焦らなくても良い!というわけではありません。「受験を制する天王山」と呼ばれる夏休みまでまだ一ヶ月以上あります。

1.2年生に関しては、あと何年かは忙しく部活動と勉強を両立させていかなければなりません。その間に自分が最大限効率を高められるような勉強法を見つけていけると良いですね!

もうすぐ夏期講習が始まります。一緒に頑張っていきましょう!

 

那珂菅谷校 学習のリズムを作りましょう!

 

 

 
 

 

 

 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

 新学年になり1ヶ月半が経とうとしていますが、皆さん生活には慣れてきましたか?

新1年生の皆さんは、GWが終わって部活も本格的に始まり、疲れが見えてくる頃かと思います。

しかし!5月下旬~6月上旬には忘れてはならない新年度初の『定期テスト』という名の一大イベントが控えています。

さて今月は、3月より仲間に加わりました寺門先生にブログをお願いさせていただきました!

 

 

 

皆さん、はじめまして!3月からITTO個別指導学院那珂菅谷校でお世話になります、寺門と申します。どうぞよろしくお願いします。

入学•進級から約1ヶ月が経ちましたが、新しい環境には少しずつ慣れてきたでしょうか?

新しい環境に慣れてくると、今まではきちんと出来ていた勉強や部活動に手を抜いてしまうようになることがあるかと思います。ここで止めてしまっては、それまでの努力が無駄になってしまいます。早いうちにその狂ってしまったリズムをなんとか取り戻したいものです。

 

そのために、まずは目標を立ててその目標を常日頃から意識するようにしましょう。目標に到達すれば達成感を得られますし、到達しなくてもどこがいけなかったのか、どうすれば目標に到達出来るのかと考えて、次の目標達成の糧になります。立てる目標は、例えば1週間くらいで達成出来る小さなもので構わないです。そして、目標を立てたら周りの友達や家族に言ったり、家のよく目に付く場所に紙に書いて貼ったりしておくことも効果的な目標達成の方法です。

 

次に、ずっと同じ場所で勉強していても人間はなかなか集中し辛いところがあります。家だけではなく、塾や学校の自習室、図書館など色々な場所に変えてみるというのも気分転換や集中力アップの手です。朝は学校の自習室で、夕方は塾の自習室、休みの日は図書館でというようなルーティーンを作ってみてはいかがでしょうか?

 

皆さんの成績アップのために私たちも尽力してまいりますので、一緒に頑張っていきましょう!

 

那珂菅谷校 2022年度の那珂菅谷校、スタート!

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございます!ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

 

新年度がスタートしました。

引き続き、生徒様のたくさんの笑顔が見られるような教室作りを心掛け、全力でサポートさせていただきます。

新年度も、頼もしく、熱心な授業をしてくれる経験豊富な講師陣一同で、生徒様の成績を上げるお手伝いをさせていただきます!

 

今年度もITTO個別指導学院 那珂菅谷校をよろしくお願いいたします!!

 

さて、新年度一発目の今回は、石川先生を抜擢させてもらいました。

皆さんの成績を上げたい!と、新年度から熱い思いを持ってくれています!ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは! 講師の石川です。

まずは生徒の皆さん、ご入学・ご進級おめでとうございます。

いよいよ4月となり、新年度が始まりました。引き続き皆さんの成績向上のために、最善の方法を探求しながら指導にあたっていきたいと思います。新年度もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて今回は、新年度のスタートということで、この時期にすべきことを紹介していきたいと思います。4月のスタートダッシュを早々に決めることが今後の成績に大きく影響していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 勉強をする体力をつける

具体的に言えば「勉強することが日常化されている状態」「長時間でも勉強をすることが出来

る状態」を作ることが理想的です。体力をつけるにはもちろん勉強をすること以外ありませんが、まずは小さな目標でもいいので「1時間だけは机に座って勉強をする」といったような、これだったら継続できそうだなと思う目標を立ててみてください。それが達成できたらもう少し目標を高くしてみる、といった方法が体力をつける上でとても有効的だと思います。

また、どのようにすれば自分の勉強がスムーズに進み、集中力を維持することが出来るのかを試行錯誤しながら勉強をしていってほしいです。このような習慣づけを自分の中で行うことによって、おのずと体力がついてくると思います。

 

 

勉強計画を立てる

計画を立てることによって効率よく学習をすることができ、達成目標が生まれるのでモチベーションの維持もしやすくなります。自分の苦手な分野を科目ごとにまとめて、それをもとにどのような勉強をしていけば苦手を克服できるかをしっかりと考えた上で、勉強計画を確立していきましょう。(二次関数が苦手→二次関数の教科書例題を10題解く。など)

 

 

生活リズムを整える

不規則な生活をしていると体調を崩してしまったり、授業中睡魔に襲われて集中が出来なくなってしまったりと、様々な場面で悪影響が出てしまいます。

春休み明けなので、生活リズムが崩れてしまっている人が少なからずいると思います。

早寝早起きの生活習慣を取り戻し、規則正しい生活を心掛けましょう。

 

これら3点を紹介させていただきましたが、4月の動き出し次第で1年が決まると言っても過言ではないので、心機一転させて皆さん一緒に頑張っていきましょう。何かわからないことや勉強方法で困ったことがあれば、いつでも相談しに来てください。

那珂菅谷校 おめでとうございます!

 

受験生の皆さん、合格おめでとうございます!!

嬉しい報告を続々といただき、本当に嬉しいです。今までの努力の結果が実って、本当に良かったですね。

この先、高校受験以上に苦しいこともあると思いますが、この受験で頑張った自分の努力を糧に、乗り越えていってもらいたいと思います。

                本当におめでとうございます!!

さて今回は、講師の戸﨑先生の登場です。

戸﨑先生は就職のため、3月いっぱいでの退職となります。戸崎先生は、生徒からの人気も高く、ベテランなのにとても熱心で、授業後はいつも、生徒たちのためにどうしたらいいかをいつも話し合ってくれました。私も本当に頼りにしていたので寂しいですが、新しい場所で活躍してくれることを願っています。

こんにちは。戸﨑です。受験生のみなさん、合格おめでとうございます!みなさん一人一人に会って、「よく頑張りました!」と伝えたい気持ちでいっぱいです。本当にお疲れ様でした。

みなさんは、今回の受験で「目標に向かって一生懸命頑張る」という経験が出来たと思います。スマホ、友達などの誘惑に負けず、人生の中で1番勉強をしたのがこの受験の期間だったのではないでしょうか。何かを一生懸命頑張った経験がある人間は強いです。高校生、さらに大人になっても、この経験を自信にして、みなさん自身の道を切り拓いていってください。

私事で大変恐縮ですが、約3年講師としてお世話になりました那珂菅谷校を退職することになりました。これからは中学・高校の教員として働きます。私はこの那珂菅谷校での経験が教員としてのやりがいを見い出すことに繋がったと感じています。今振り返ると、勉強を教えること、どうやったら成績が伸びるか授業を考えること、塾生の相談に乗ること、世間話をすることなど、私が塾生から学ばせてもらうことばかりでしたが、1つ1つの経験が楽しくて、本当に素敵な3年間だったなと思います。

最後になりますが、私が約3年那珂菅谷校で関わった塾生のみなさん、本当にありがとうございました。これからも陰ながらみなさんのことを応援しています。

 

那珂菅谷校 息抜きとの上手な付き合い方

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

2月です。各学年、勝負の時期になりました。

受験生は、いよいよ県立入試までのカウントダウンが始まりました。

中1・2生は、学年末テストが控えています!!

小学生や高校生だって、大事な評定を決める時期です!!

一日一日をどう過ごすかが大切になってきます。有終の美を飾りましょう。

 

今月は、村山先生が入試までの過ごし方をアドバイスしてくれますので、すぐにバトンタッチしたいと思います! 

こんにちは、村山です。

私立入試お疲れ様でした。これまで頑張ってきた成果を出すことが出来たでしょうか?満足いく結果が得られた人も悔しい思いをした人もどちらもいると思いますが、気付けば県立入試までいよいよ残り1か月を切っています。過去の結果にとらわれすぎずに、残りの時間は目の前の勉強に集中しましょう!

今回のブログでは、勉強で疲れた際の息抜きの仕方についていくつかアドバイスしたいと思います。 

「息抜き時間を事前に決めること」

必ず「今回の息抜きは15分!」などと、自分に約束してから息抜きをするようにしましょう。これをすることで、ダラダラと休憩し続けてしまい、結局勉強に戻ることが出来なくなってしまった、ということを避けることが出来ます。 

「短時間でできる息抜き方法を選ぶこと」

時には1日ゆっくりできるような息抜きをするのもいいと思いますが、基本的には息抜きは短時間でできる気軽なものにしましょう。連続性の誘惑があるもの(次の動画がみたくなるものや、次の巻が読みたくなる漫画など)はNGです。 

「あえてキリの悪いところで息抜きをすること」

息抜きや休憩と聞くと、「キリのいいところまで勉強したときに入れるもの」というイメージの強い人が多いのではないでしょうか。ですが、逆にキリの悪いところで息抜きをすることで勉強に戻りやすくなります。仮にキリのいいところで息抜きしてしまうと、その後にもう一度エンジンをかけなくてはいけなくなり、キリの悪いところならいい意味でその前の流れを引き継ぐことが出来るので、勉強を再開しやすいと言われています。 

「スマホに注意すること」

最近は中学生でもスマホを持っている子が多いように感じます。勉強での調べ物などの大切なことにスマホを利用することはいいことだと思います。しかし、動画や漫画、SNSなどで時間を無駄遣いしないようにくれぐれも気を付けましょう。

 

ここまで勉強の息抜き方法を紹介してきました。勉強はもちろん大切ですが、勉強ばかりしていても必ずしも効率がいいとは言えません。適切な息抜きを行いながら受験までのラストスパート一緒に頑張っていきましょう!

那珂菅谷校 体調管理の大切さ

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

保護者様。昨年も、教室運営にご理解とたくさんのご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。

本年も、生徒様のために精一杯尽力させていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ私立入試が始まります。

入試では、落ち着いて、持っている力を十分に発揮してもらいたいと、心から願っています。

やれることは、まだまだあります。後悔のないように、最後まであきらめず、第一志望校合格に向けて、一緒に頑張っていきましょう! 

 

新年のご挨拶を申し上げます。那珂菅谷校 副教室長の藤田です。

今年も一段と寒い時期になりましたね!

冬は外が寒いこともあり、家の中に居る時間が多いのではないかと思います。ちょっとした隙間時間にも勉強をしましょうね!

 

2022年になり、3年生はいよいよ受験本番が近づいてきました。

皆さんの中に、無理し過ぎの状態で勉強を続けている人はいないでしょうか?

体を壊して寝込んでは、元も子もないないはずです。時には休息もしっかり取りましょう!体調管理は大事です。

寒さが厳しいこの時期なので、うがい手洗いを心掛けて、風邪等引かぬ様に皆で気をつけましょう。

本年も、私たち講師が全力で皆さんをサポートしていきます!

那珂菅谷校 冬休みの過ごし方

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

例年よりは寒さを感じないのですが、と言っても毎日寒いですね。那珂菅谷校では生徒さんが快適に学習できるよう、教室内の気温調節に気を配っています。

また、引き続き教室内の全員マスク着用・アルコール消毒のお願いをしています。オミクロン株という謎の変異種も出てきて怖いですが、全員でコロナウイルス・インフルエンザの予防をしていきましょう。 

どの学校も定期テストが終わりましたね。しっかり結果は出せましたか?思ったように結果が出せなかった人も、冬期講習にまだ間に合いますので、冬期講習で苦手な単元を潰していきましょう!

 

さて今月は、わかりやすい指導で定評のある増田先生にお願いさせていただきました! 

こんにちは、増田です。今回は、冬休みをどのように過ごすべきかについてお話しさせていただきます。また、私の専門科目は数学ですので、それに重点を置いてお話しさせていただければと思います。

まず、小学生の皆さんは、進級や進学がスムーズにいくように、各学年で学習した内容の復習を始めてみましょう。学年が終わるのは三月であり、今から復習するには少し気が早いように感じるかもしれません。しかし、春休みは意外と時間がありません。ですので、冬休みのうちから復習を始めておき、少しでも春休みに余裕ができるように心がけましょう。 

次に中学生ですが、1・2年生と3年生に分けてお話しさせていただきます。

1・2年生は、「学年末テスト」の準備を進めておきましょう。1年生にとっては初めての「学年末テスト」だと思いますが、その特徴として「学年の学習内容全てが試験範囲」となることが多い、という点が挙げられます。つまり、テスト直前での詰め込みの勉強では到底間に合わないのです。今のうちから準備をしていくことで、直前になって焦らないようにしておきましょう。

また3年生ですが、受験前にまとまった勉強時間の取れるラストチャンスがこの冬休みです。本来ならば、夏休みのうちからしっかり勉強をしておくべきですが、自分の周りで夏休みに死ぬほど勉強をしたというご友人は少ないのではないでしょうか。しかし、冬休みはほぼ確実に受験生「全員」が勉強をします。つまり、このタイミングでさぼってしまうようなことがあれば、ライバルとなる受験生に大きな差をつけられてしまうこととなります。「冬休みはみんなが勉強する。もし、自分が勉強をしなかったら確実においていかれる」という意識を常に持ちましょう。 

ここで、全ての学年に共通してアドバイスできることをお話しさせていただきます。それは、「計算問題を完璧にしておくこと」です。これは小学生であっても、中学3年生であっても変わりはありません。どのような問題を解くにしても、必ず計算が付きまといます。式が立てられてもその先の計算が怪しいという状況は非常に勿体ないです。まずは学習した計算問題を一通り解くことで、自分の苦手な計算を炙り出し、そこを徹底的に突き詰めていきましょう。

冬休みは短いですが、生徒の皆さんが有意義な時間を過ごせることを祈っております。

那珂菅谷校 受験までに今やるべきこと

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

ITTO個別指導学院です。

少しずつ寒くなってきましたね。やっと新型コロナウイルスも少し落ち着いてきたところですが、感染の第6波もくるのではないかと言われています。引き続き、体調管理には十分に気を付けていきましょう。

さて今月は、阿部先生にお願いしたいと思います!

 

講師の阿部です。今回は「受験が近づいてくる今、家庭学習でどのような勉強をすればいいのか」という内容について話していきたいと思います。

受験前のこの時期になってくると、今どんな勉強をすればいいのかわからない、といった人が少なからずいるのではないでしょうか。ごく当たり前のことなのですが、あえて今回は今どのような勉強をするべきなのかを確認していきたいと思います。 

まず一つ目は「実際の入試対策」を行うことです。

高校受験のテストは、学校のテストと形式が大きく違う点も多いため、ある程度対策をして問題形式に慣れさせていないと解けなくなってしまうことがあります。なので、受験前数か月のこの時期に、入試の過去問などを解いてテストの問題に慣れていくことが大切だと思います。

二つ目は「苦手な分野の復習」を行うことです。

入試までまだ少しだけ時間があるこの時期だからこそ、なかなか解けない苦手な部分を復習することも大事です。苦手な分野で解ける問題が一問でも多く増えれば、全体の点数においても安定感が生まれるようになります。また、少しでも多く点数をとることが重要視されるテストで、安定して確実に点数がとれることは、結果を左右するとても重要なポイントになってきます。なので、苦手な部分を復習することは重要だと思います。

もし、勉強法にまだ困ってる人がいましたら我々講師陣を頼ってください。

もうすぐ冬期講習も始まります!一緒に全力で頑張っていきましょう!

那珂菅谷校 出題形式を“深く”知ろう

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

10月に入りましたが、暑かったり涼しくなったり、気温の変化についていけず体調を崩しがちな季節でもあります。今年も、新型コロナウイルスとインフルエンザに、Wで戦っていかなくてはなりません。例年以上にうがい手洗いに気を配り、温かくしてしっかりと予防しましょう!

さて今月は、小田倉先生の登場です!

私が皆さんに言いたかったことを見事代弁してくれています。よく読んでください!

 

こんにちは!講師の小田倉です。

生徒のみなさんは、自分が受けるテストの出題形式を“深く”知っていますか?
保護者の方々は、お子様が「テストの出題形式を“深く”知っている」と言えますか?
出題形式を“深く”知るとは、

問題数・出題される単元・解答形式・配点などを把握し、

勉強やテスト本番の際に、

それらを意識できる状態にすることを指します。

多くの生徒は、自身が挑むテストについて、出題形式を“深く”知っていません。たとえば「県立入試の英語」であれば、「リスニング・文法・長文・英作文が出題される」といった大まかな認識に留まってしまっている生徒が多いのです。そうした生徒は、「勉強しているはずなのに成績が伸びない」という壁にあたります。

例として、「模試の英語の点数が今40点なので、志望校合格のためにあと20点アップさせたい!」と考えているとします。そこで「何となく英語のテキストで自分が解きたい分野の問題を解いて復習する」ということを続けてしまうと、「せっかく勉強したのに思うように点数が取れない」という結果で終わってしまいます。これは、実際の出題形式とかけ離れた状況で問題を解いてしまったり、既に十分できている単元に時間をかけてしまったりしているためであり、効果的な勉強ができているとは言えません。

このような場合、出題形式を“深く”知った上での勉強が効果的です。まず、いま取れていない60点分の問題の中から、「どの問題で20点を稼ぐのか」を決めます。そして、その20点分の問題が「どんな単元の知識を要求していて、どんな解答形式であるか」ということを把握した上で、それらの問題を解くために必要な練習をするのです。

「出題形式を“深く”知る」ことは、今の成績に関わらず出来る行動です。受験生であれば入試の過去問やこれまでに受けた模試を、その他の学年であれば自分が受けた定期テストを確認してみて下さい。ひとりでの分析が難しければ、ぜひ私たち講師に相談して下さい。
出題形式を“深く”知って、効果的に成績を伸ばしましょう!

那珂菅谷校 夏期講習お疲れ様でした!!

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

ITTO個別指導学院那珂菅谷校です。

まずは夏期講習お疲れ様でした!!小学生から高校生まで、個別講習と、中3生は更に一斉講習と、よく頑張ってくれたと思います。

少しずつ過ごしやすい気候になってきましたが、新型コロナウイルスの感染が再拡大し、新学期早々リモート授業になってしまいました。リモートだと一方通行の授業になってしまうことが多いと思うので、わからない問題があれば、いつも以上に塾にどんどん持ってきてくださいね! 

さて今月は、那珂菅谷校に新しく加わってくれた石川先生をご紹介したいと思います。

この一ヶ月以上、皆さんの授業に向けて色々考えながら熱心に準備し、ひたむきに頑張る姿を見てきました。皆さんのために一生懸命頑張ってくれると、私もとても期待しています! 

 

皆さんこんにちは!

今年の7月からITTO個別指導学院那珂菅谷校でお世話になっている石川と申します。

先月は主に夏期講習で担当をさせていただきました。はじめましての方が多いと思うので、この場をお借りして軽く自己紹介をさせていただきます。

私の好きな教科は数学で、好きなアーティストはOfficial髭男dismです。

趣味は水泳やテニス、漫画を読むことです。水泳に関しては今でも現役スイマーとして活動をしているので、基本的に体を動かすことが大好きです!

一日でも早く、皆さんの成績アップにつなげられるよう精進していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。何か質問等ありましたら、ぜひ気軽に声をかけてください!

 

さて話が変わりますが、皆さんは充実した夏休みを過ごすことができたでしょうか?おそらく、計画通りに勉強がうまくいった人と、そうでない人がいることと思います。また、これから入試が近づいてくると、残り時間が少なくなってきて、気持ちに余裕がなくなってきてしまう受験生も出てくるでしょう。そこで今回は、夏休みが終わった後の秋の学習について、私なりに話していきたいと思います。

秋からの学習でとても大切になってくることは、

夏休みの学習を通して、どのような課題が見つかったのかを確認していく

ことだと思います。

夏休み期間中での家庭学習や塾での夏期講習において、各教科で具体的にどの分野が苦手であったのか、模擬試験などの結果を見てどこで点数を落としてしまっているのか、というような自己分析が非常に大切となってきます。その分析をもとに、次の学習計画を立てていくことができれば、秋以降の学習をどのようにしていけば良いのかが明確になってくると思います。

特に受験生は、残り時間が少なくなってくる中での学習をしていかなければならないので、優先順位をつけて取り組むことが必要となってきます。初めに言ったように、自分の課題をしっかりと把握することができれば、優先順位がつけやすくなる、ということにもつながっていきます。

自己分析をしっかりと行ったうえで、成績アップを目指して、9月からまた一緒に頑張っていきましょう!