那珂菅谷校

那珂菅谷校 体調管理の大切さ

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

保護者様。昨年も、教室運営にご理解とたくさんのご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。

本年も、生徒様のために精一杯尽力させていただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ私立入試が始まります。

入試では、落ち着いて、持っている力を十分に発揮してもらいたいと、心から願っています。

やれることは、まだまだあります。後悔のないように、最後まであきらめず、第一志望校合格に向けて、一緒に頑張っていきましょう! 

 

新年のご挨拶を申し上げます。那珂菅谷校 副教室長の藤田です。

今年も一段と寒い時期になりましたね!

冬は外が寒いこともあり、家の中に居る時間が多いのではないかと思います。ちょっとした隙間時間にも勉強をしましょうね!

 

2022年になり、3年生はいよいよ受験本番が近づいてきました。

皆さんの中に、無理し過ぎの状態で勉強を続けている人はいないでしょうか?

体を壊して寝込んでは、元も子もないないはずです。時には休息もしっかり取りましょう!体調管理は大事です。

寒さが厳しいこの時期なので、うがい手洗いを心掛けて、風邪等引かぬ様に皆で気をつけましょう。

本年も、私たち講師が全力で皆さんをサポートしていきます!

那珂菅谷校 冬休みの過ごし方

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

例年よりは寒さを感じないのですが、と言っても毎日寒いですね。那珂菅谷校では生徒さんが快適に学習できるよう、教室内の気温調節に気を配っています。

また、引き続き教室内の全員マスク着用・アルコール消毒のお願いをしています。オミクロン株という謎の変異種も出てきて怖いですが、全員でコロナウイルス・インフルエンザの予防をしていきましょう。 

どの学校も定期テストが終わりましたね。しっかり結果は出せましたか?思ったように結果が出せなかった人も、冬期講習にまだ間に合いますので、冬期講習で苦手な単元を潰していきましょう!

 

さて今月は、わかりやすい指導で定評のある増田先生にお願いさせていただきました! 

こんにちは、増田です。今回は、冬休みをどのように過ごすべきかについてお話しさせていただきます。また、私の専門科目は数学ですので、それに重点を置いてお話しさせていただければと思います。

まず、小学生の皆さんは、進級や進学がスムーズにいくように、各学年で学習した内容の復習を始めてみましょう。学年が終わるのは三月であり、今から復習するには少し気が早いように感じるかもしれません。しかし、春休みは意外と時間がありません。ですので、冬休みのうちから復習を始めておき、少しでも春休みに余裕ができるように心がけましょう。 

次に中学生ですが、1・2年生と3年生に分けてお話しさせていただきます。

1・2年生は、「学年末テスト」の準備を進めておきましょう。1年生にとっては初めての「学年末テスト」だと思いますが、その特徴として「学年の学習内容全てが試験範囲」となることが多い、という点が挙げられます。つまり、テスト直前での詰め込みの勉強では到底間に合わないのです。今のうちから準備をしていくことで、直前になって焦らないようにしておきましょう。

また3年生ですが、受験前にまとまった勉強時間の取れるラストチャンスがこの冬休みです。本来ならば、夏休みのうちからしっかり勉強をしておくべきですが、自分の周りで夏休みに死ぬほど勉強をしたというご友人は少ないのではないでしょうか。しかし、冬休みはほぼ確実に受験生「全員」が勉強をします。つまり、このタイミングでさぼってしまうようなことがあれば、ライバルとなる受験生に大きな差をつけられてしまうこととなります。「冬休みはみんなが勉強する。もし、自分が勉強をしなかったら確実においていかれる」という意識を常に持ちましょう。 

ここで、全ての学年に共通してアドバイスできることをお話しさせていただきます。それは、「計算問題を完璧にしておくこと」です。これは小学生であっても、中学3年生であっても変わりはありません。どのような問題を解くにしても、必ず計算が付きまといます。式が立てられてもその先の計算が怪しいという状況は非常に勿体ないです。まずは学習した計算問題を一通り解くことで、自分の苦手な計算を炙り出し、そこを徹底的に突き詰めていきましょう。

冬休みは短いですが、生徒の皆さんが有意義な時間を過ごせることを祈っております。

那珂菅谷校 受験までに今やるべきこと

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

ITTO個別指導学院です。

少しずつ寒くなってきましたね。やっと新型コロナウイルスも少し落ち着いてきたところですが、感染の第6波もくるのではないかと言われています。引き続き、体調管理には十分に気を付けていきましょう。

さて今月は、阿部先生にお願いしたいと思います!

 

講師の阿部です。今回は「受験が近づいてくる今、家庭学習でどのような勉強をすればいいのか」という内容について話していきたいと思います。

受験前のこの時期になってくると、今どんな勉強をすればいいのかわからない、といった人が少なからずいるのではないでしょうか。ごく当たり前のことなのですが、あえて今回は今どのような勉強をするべきなのかを確認していきたいと思います。 

まず一つ目は「実際の入試対策」を行うことです。

高校受験のテストは、学校のテストと形式が大きく違う点も多いため、ある程度対策をして問題形式に慣れさせていないと解けなくなってしまうことがあります。なので、受験前数か月のこの時期に、入試の過去問などを解いてテストの問題に慣れていくことが大切だと思います。

二つ目は「苦手な分野の復習」を行うことです。

入試までまだ少しだけ時間があるこの時期だからこそ、なかなか解けない苦手な部分を復習することも大事です。苦手な分野で解ける問題が一問でも多く増えれば、全体の点数においても安定感が生まれるようになります。また、少しでも多く点数をとることが重要視されるテストで、安定して確実に点数がとれることは、結果を左右するとても重要なポイントになってきます。なので、苦手な部分を復習することは重要だと思います。

もし、勉強法にまだ困ってる人がいましたら我々講師陣を頼ってください。

もうすぐ冬期講習も始まります!一緒に全力で頑張っていきましょう!

那珂菅谷校 出題形式を“深く”知ろう

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

10月に入りましたが、暑かったり涼しくなったり、気温の変化についていけず体調を崩しがちな季節でもあります。今年も、新型コロナウイルスとインフルエンザに、Wで戦っていかなくてはなりません。例年以上にうがい手洗いに気を配り、温かくしてしっかりと予防しましょう!

さて今月は、小田倉先生の登場です!

私が皆さんに言いたかったことを見事代弁してくれています。よく読んでください!

 

こんにちは!講師の小田倉です。

生徒のみなさんは、自分が受けるテストの出題形式を“深く”知っていますか?
保護者の方々は、お子様が「テストの出題形式を“深く”知っている」と言えますか?
出題形式を“深く”知るとは、

問題数・出題される単元・解答形式・配点などを把握し、

勉強やテスト本番の際に、

それらを意識できる状態にすることを指します。

多くの生徒は、自身が挑むテストについて、出題形式を“深く”知っていません。たとえば「県立入試の英語」であれば、「リスニング・文法・長文・英作文が出題される」といった大まかな認識に留まってしまっている生徒が多いのです。そうした生徒は、「勉強しているはずなのに成績が伸びない」という壁にあたります。

例として、「模試の英語の点数が今40点なので、志望校合格のためにあと20点アップさせたい!」と考えているとします。そこで「何となく英語のテキストで自分が解きたい分野の問題を解いて復習する」ということを続けてしまうと、「せっかく勉強したのに思うように点数が取れない」という結果で終わってしまいます。これは、実際の出題形式とかけ離れた状況で問題を解いてしまったり、既に十分できている単元に時間をかけてしまったりしているためであり、効果的な勉強ができているとは言えません。

このような場合、出題形式を“深く”知った上での勉強が効果的です。まず、いま取れていない60点分の問題の中から、「どの問題で20点を稼ぐのか」を決めます。そして、その20点分の問題が「どんな単元の知識を要求していて、どんな解答形式であるか」ということを把握した上で、それらの問題を解くために必要な練習をするのです。

「出題形式を“深く”知る」ことは、今の成績に関わらず出来る行動です。受験生であれば入試の過去問やこれまでに受けた模試を、その他の学年であれば自分が受けた定期テストを確認してみて下さい。ひとりでの分析が難しければ、ぜひ私たち講師に相談して下さい。
出題形式を“深く”知って、効果的に成績を伸ばしましょう!

那珂菅谷校 夏期講習お疲れ様でした!!

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

ITTO個別指導学院那珂菅谷校です。

まずは夏期講習お疲れ様でした!!小学生から高校生まで、個別講習と、中3生は更に一斉講習と、よく頑張ってくれたと思います。

少しずつ過ごしやすい気候になってきましたが、新型コロナウイルスの感染が再拡大し、新学期早々リモート授業になってしまいました。リモートだと一方通行の授業になってしまうことが多いと思うので、わからない問題があれば、いつも以上に塾にどんどん持ってきてくださいね! 

さて今月は、那珂菅谷校に新しく加わってくれた石川先生をご紹介したいと思います。

この一ヶ月以上、皆さんの授業に向けて色々考えながら熱心に準備し、ひたむきに頑張る姿を見てきました。皆さんのために一生懸命頑張ってくれると、私もとても期待しています! 

 

皆さんこんにちは!

今年の7月からITTO個別指導学院那珂菅谷校でお世話になっている石川と申します。

先月は主に夏期講習で担当をさせていただきました。はじめましての方が多いと思うので、この場をお借りして軽く自己紹介をさせていただきます。

私の好きな教科は数学で、好きなアーティストはOfficial髭男dismです。

趣味は水泳やテニス、漫画を読むことです。水泳に関しては今でも現役スイマーとして活動をしているので、基本的に体を動かすことが大好きです!

一日でも早く、皆さんの成績アップにつなげられるよう精進していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。何か質問等ありましたら、ぜひ気軽に声をかけてください!

 

さて話が変わりますが、皆さんは充実した夏休みを過ごすことができたでしょうか?おそらく、計画通りに勉強がうまくいった人と、そうでない人がいることと思います。また、これから入試が近づいてくると、残り時間が少なくなってきて、気持ちに余裕がなくなってきてしまう受験生も出てくるでしょう。そこで今回は、夏休みが終わった後の秋の学習について、私なりに話していきたいと思います。

秋からの学習でとても大切になってくることは、

夏休みの学習を通して、どのような課題が見つかったのかを確認していく

ことだと思います。

夏休み期間中での家庭学習や塾での夏期講習において、各教科で具体的にどの分野が苦手であったのか、模擬試験などの結果を見てどこで点数を落としてしまっているのか、というような自己分析が非常に大切となってきます。その分析をもとに、次の学習計画を立てていくことができれば、秋以降の学習をどのようにしていけば良いのかが明確になってくると思います。

特に受験生は、残り時間が少なくなってくる中での学習をしていかなければならないので、優先順位をつけて取り組むことが必要となってきます。初めに言ったように、自分の課題をしっかりと把握することができれば、優先順位がつけやすくなる、ということにもつながっていきます。

自己分析をしっかりと行ったうえで、成績アップを目指して、9月からまた一緒に頑張っていきましょう!

那珂菅谷校 わからない問題を見つけた時がチャンス!

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

新型コロナウイルスが再拡大し、不安な状況が続いていますが、引き続き教室内の全員マスク着用・アルコール消毒を徹底してまいります。

また、夏期講習は、新規も追加もまだ受け付けておりますので、迷っていたり、不安に感じている方がおりましたら、遠慮なくご相談ください。

 

さて今月は、みんなの大好きな戸﨑先生の登場です♪

担当した生徒のことをいつも細かく報告してくれて、私もとても頼りにしています。

そんな戸﨑先生のお話をしっかり聞いてくださいね。

 

みなさんこんにちは。戸崎です。
今回は、粘り強く問題に取り組むことの大切さについてお話ししたいと思います。

みなさんは、宿題などでわからない問題があった時、ほとんど考えないで空欄にしてしまうことはないですか?

私の経験上、わからない問題にぶつかるとすぐに、「先生分かりません!」と声をかけてくる生徒さんが多い気がします。

質問することはとても良い事なのですが、わからない問題にぶつかるということは、自分の学力を伸ばすチャンスです。

そのチャンスを掴まないのは勿体ないことです。

わからない問題にぶつかったら
①自分の中の知識で解けないか、考えましょう。
②問題の中で、何が分からないのかハッキリさせましょう。
③教科書などを使って調べてみましょう。
④それでもわからなかったら質問しましょう。

この手順を踏むようにしましょう。

①③をすることで、問題を解くために試行錯誤することが出来ます。試行錯誤することで、人は学んだ知識をより定着させることが出来るので、学力の向上が見込まれます。

②をすることで自分の知識の弱点が明確になります。

弱点を明確にして、④で先生に質問すると、弱点を重点的に教えてくれるので、帰ってからの復習がしやすくなります。

このように、わからない問題にぶつかった時は自分の学力を伸ばすチャンスです。

すぐに問題を解くのを諦めないで、粘り強く問題に取り組む姿勢を身につけるようにしましょう。

那珂菅谷校 夏期講習、申込受付中!!

ブログをご覧の皆さんこんにちは!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

那珂菅谷校ではITTOの夏期講習』がスタートいたしました!!!

生徒一人ひとりに合ったプランで計画を立てました。あとは、行動あるのみです!

『夏にこれだけ頑張った!』という経験は、必ず自分の自信になって返ってきます。

先生達と一緒に、自分を変える夏にしましょう。

さて今月は、わかりやすい授業で定評の関先生の登場です。

皆さんの目線に立って話してくれるので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

 

 

皆さんこんにちは!講師の関です。

梅雨の真っ只中、部活動が終わった中3生も多いと思います。まずは、部活動お疲れ様でした。

さて、今回は夏休みの学習について話をしていきたいと思います。

部活が終わり、塾や学校の先生、親御さんから「受験勉強をしろ」、「夏休みが受験の山場だ」と口酸っぱく言われることでしょう。勉強をやりたくない気持ちも分かります。

では、夏休みはただ勉強をし続けていれば良いのか。そうではないのではないかと思い、この場でお話したいと思います。

夏休み終わりに存在する勉強時間の自慢大会。私は本当に嫌いでした。勉強時間だけが正義ではないと思うんです。

皆さんには、勉強時間よりも、身についた知識、技能の量を気にして欲しいと思います。入試の本番は年明け。そこを見越したときに、夏休み終わりの8月31日にどれくらいの学習が済んでいれば良いのか、そこを見据えて勉強をしていけばいいのではないかと感じます。

極論を言えば、その目標に向かって自分が計画を立てた際、毎日何時間も勉強しなくても、目標を達成することができるような計画であれば、それでも良いのではないでしょうか。しかし、自分では中々その計画が立てづらい。そういう時に、学校や塾の先生に頼ってみると良いのではないかなと思います。

皆さんの勉強に対する意識次第で、勉強時間等どうとでもなります。そう考えて夏休みを迎えてみると、少しくらいは心持ちが軽くなるのではないでしょうか!

そこで夏期講習です!上手に計画が立てられなくても、夏期講習を受ければ必然と勉強時間が増えていきます!

大変な夏休みが始まりますが、一緒に頑張っていきましょう!

那珂菅谷校 勉強のコツを教えます!

ブログをご覧の皆さんはじめまして!

5月より、ITTO個別指導学院で専任講師を務めることになりました藤田です!

皆さんの成績アップのお手伝いができるように精一杯頑張ります!

どうぞよろしくお願いします!

 

6月に入り、第一回の定期テストが終了しました。

 テストが終わって気が緩んでいる皆さんも多いはず。そこで今回は、自分が中高生の時に実際やってみて効果を感じた勉強のコツを3つ紹介しようと思います。

①つ目は、家族や先生方、また、その他周りの目上の方々と積極的にコミュニケーションを取ることです。

人は多くの事を、言葉で覚えたり、言葉で考えています。

 ケンブリッジ大学の研究によると、人は1日に35,000回考えていることが解りました。

 例えば、その日に学んだ授業内容の面白かった話を、家族との会話にちょっと加えることで、その日の勉強内容を再び考えるきっかけが作れます。

また、周りの目上の方々と会話をすることも良いです。皆さんが知らない言葉を沢山知っていますからね。同時に社会性も身についていくと思います。

 もしも、1日35,000回の考える中に、今までよりも勉強の事がたくさん入ってくれば、凄く成果が出そうですよね!

②つ目は、ベッドに一冊置いての暗記です。

 アメリカの心理学者によると、人は睡眠の直前と直後に最も記憶する事が解りました。

 つまり、寝る前にベッドで英単語や理科・社会の用語を眺めていれば、自分の暗記の最大のパフォーマンスを取り続ける事が出来ます。また、起きてすぐ気になった事を調べれば、朝一に暗記の最大値と、前日の夜の確認作業での最大値が同時に実現します。実際に先生は、英単語を覚えるのはかなり得意でした!

 人間は必ず睡眠をとります。

 「普段勉強の意識が持ちにくい」「勉強する習慣がない」

 といった悩みがある皆さんは、毎日必ず行われる「睡眠」の前後に結びつけることでルーティーンにしやすいと思います。

 また、時間をある程度決めておくと効果的です!ぜひ試してみてください。

③つ目は、塾の自習室の活用です。

1人で勉強するのは、大変だし、面白くないし、やる気出ないし、スマホやテレビで気が散るし、嫌だな~って皆さんも多いのでは??

これでは、勉強そのものが嫌いになって、最後は諦めてしまいそうですね。

 そこで、周りの環境が大事になってきます。

 「みんなやってるし!」「自分も一緒にやってみようかなー」

と気楽に思えることで、勉強を始めやすくなれるのではないかと思います。

 もしもそれが習慣になれば、ご飯を食べたり顔を洗ったりする感覚で、勉強も出来そうですね!

勉強も、続ける事が何よりも大切だと思います。「継続は力なり」です。

 ですので、気軽に塾を活用して下さい。塾生は、自習室をいつでも利用できます。塾って便利で良いですね!

 もうすぐ夏期講習も始まります!皆さんに教えてあげられる時間が増えることが嬉しいです!一緒に頑張りましょう!

那珂菅谷校 効率的に勉強しよう!

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

 新学年になり1ヶ月半が経とうとしていますが、皆さん生活には慣れてきましたか?

新1年生の皆さんは、GWが終わって部活も本格的に始まり、疲れが見えてくる頃かと思います。

しかし!6月上旬には忘れてはならない新年度初の『定期テスト』という名の一大イベントが控えています。

そこで今月は、村山先生が効率的な勉強の仕方を伝授してくれますので、是非試してみてくださいね♪

 

皆さんこんにちは!講師の村山です。

5月に入り総合体育大会が近づいてきていることで、部活と勉強で忙しい日々を過ごしているのではないかと思います。そこで、今回は効率的に勉強するために私が大切だと思っていることを3つ紹介します。 

①スキマ時間を大切にすること

私が中学生の時は野球部の活動で忙しかったので、部活と勉強の両立がとても大変でした。しかし、趣味の時間も大切だったのでその時間を削りたくはありませんでした。そこで行っていたのはスキマ時間を有効に使うことです。例えば、学校での休み時間に少しでも宿題を進めておいたり、朝少しだけ早く起きて勉強したり、工夫次第で勉強する時間は確保できます。皆さんもぜひスキマ時間を探してみてください。

②毎日継続して勉強すること

エビングハウスの忘却曲線を知っていますか?人は何かを学んだとき1日後には67%、1か月後には79%忘れてしまうという研究結果があります。そこで、勉強した内容を忘れないようにするために毎日継続して勉強することをお勧めします。①で紹介したスキマ時間に英単語を少し眺めるだけでもきっと効果を実感できるはずです。実際に私も英単語帳を少しずつ眺めて、やっと7回眺めた頃にはほとんど覚えることができていました。 

③休憩や睡眠を大切にすること

人の集中力は90分前後と言われていて長時間の勉強は効率が下がってしまいます。また、人は眠っているときに膨大な量の情報を整理して記憶の固定を行っているので、効率のいい勉強に睡眠は必要不可欠です。勉強時間を確保することはもちろん重要ですが、休憩と睡眠の時間もきちんと確保するようにしましょう。 

今回は、効率的に勉強するために大切なことの一部を紹介しました。他にも勉強法を工夫したり、道具を取り入れてみたりして自分に合う方法を見つけてください。心配なことがあれば先生に相談してみましょう!きっといい解決法を見つけてくれると思います。

今年度も一緒に頑張っていきましょう!

那珂菅谷校 2021年度の那珂菅谷校、スタート!

ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

ITTO個別指導学院 那珂菅谷校です。

新年度がスタートしました。

昨年の那珂菅谷校は、笑顔のとても似合ういつも明るく元気な中3生が多く、良い意味で常に笑い声が飛び交う一年でした。新年度も、生徒様のたくさんの笑顔が見られるような教室作りを心掛け、全力でサポートさせていただきます。

更に、今までの力強い講師陣にプラスして、熱心な授業をしてくれる経験豊富なメンバーも加わりました。講師一同で、生徒様の成績を上げるお手伝いをさせていただきます! 

今年度もITTO個別指導学院 那珂菅谷校をよろしくお願いいたします!! 

さて今月は、今年度のルーキー増田先生の登場です。増田先生は、那珂菅谷校ではルーキーではありますが、実は一番経験豊富な先生となります。特に数学のベテラン先生なので、わからない問題があれば是非増田先生に質問してみてはいかがでしょうか♪ 

皆様、はじめまして!4月からITTO個別指導学院茨城那珂菅谷校でお世話になります、増田と申します。どうぞよろしくお願いいたします。今回はこの場をお借りして、ちょっとした自己紹介をさせていただきます。

茨城県に来て今年で2年、塾講師歴は5年となります。専門科目は数学です。趣味はアニメや音楽の鑑賞、ドライブです。K-POPをよく聴くので、好きな方は是非お声掛けください!

皆様の成績アップのために尽力してまいりますので、一緒に頑張っていきましょう!よろしくお願いいたします。