スタッフブログ

水戸西原校「先」を見据えて動きましょう。

ブログをご覧の皆様こんにちは。水戸西原校のブログをご覧いただきありがとうございます。

 温かくなったり、急に冷たい風が吹いたりとまだまだ気候が不安定ですが、皆様どうお過ごしでしょうか。水戸西原校の講師たちは、受験指導のラストスパートとテストターボと新年度準備と春期講習準備にエンジン全開フル稼働で取り組んでおります。「師走」って実は2月のことなんじゃないかな・・・と思います(笑)

学年末テストや県立入試で頭がいっぱいなこの時期ではありますが、2月に入ってから春期講習新学年の授業のプラン内容・提案について生徒達に話をし始めています。小学生・中学生には通常授業と春期講習でやる内容の違いについて、新高1生には中学と高校のカリキュラムの違いや、春期講習をやって欲しい理由・やる利点などなど。

水戸西原校では、保護者面談よりも早い時期から生徒に「次の段階」についての話をします。それは何故か。やるのは生徒自身だからです。「親にやれと言われたから」「受験生だから」だけではなくて、『自分はどういうことに興味があるのか』『これからどこを目指していくのか(高校や、職種)、そのためにどうしていきたいか』について、自分で考える時間を作ってみてほしい、考えたことを言える範囲で先生たちに教えてほしいと思うからです。

「やらされる」勉強よりも、「必要だ」と自分で納得してやる勉強の方が実になりますし、何より気持ちが明るく前向きになると思います。今年の受験生や現在通塾中の高校生、さらにその上の卒業生たちもそうやって自分で考えて悩みぬいて進路を選択してきました。

テストが全て終わって、入試まであと数日。新学年まで間が空く時がやってきます。

少し先の未来の自分について考え、新しい目標を設定し、新学年に向かうエネルギーを蓄えていきましょう!